ぺニス増大を行うメリット

現在のペニスの大きさにコンプレックスを感じている男性は多く、少しでもたくましい形に整えたいという方を中心にぺニス増大の治療を受ける方が増えてきています。現在ぺニス増大の効果があるとして、形成外科などで行われている治療には亀頭増大やシリコンボール、シリコンリングの挿入、早漏防止治療や長茎術などが挙げられます。

その中でも特に多くの方が受けているのが亀頭増大術であり、ぺニス増大の効果がある治療の中でも最短10分ほどで完了するなど手軽に受けられるメリットを持っています。亀頭部分にヒアルロン酸などの注入材を入れることにより、理想的な張りのある亀頭に仕上げペニス全体のバランスを整える効果が期待できます。シリコンを埋めるのは躊躇してしまうという方や、カリが低く見た目に自信がないという方にこのぺニス増大の治療はおすすめです。

ペニス全体の長さや太さを出したい場合には、陰茎部に注入材としてヒアルロン酸や脂肪などを注入する方法も挙げられます。

術後の自慰は痛みの原因となる

サイズが小さく、形に自信がないという自分のペニスを理想の形に整えるぺニス増大の治療は、多くの男性が受けるようになっています。特に亀頭増大など亀頭部分にヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入する方法なら、短時間で高い効果を実感することが出来る手軽さもあり人気が高いです。ただ治療を受ける上で注意しなくてはいけないのが、どんなぺニス増大の治療も術後すぐに自慰や性行為をしてしまうと痛みが発生したり、患部への負担が起こりやすくなる危険があることです。

基本的にぺニス増大の治療を受けた後は普段生活や仕事は当日から行うことが可能ですが、術後3日目まではシャワーは控えて入浴は術後1週間後まで入ることは避けましょう。また患部への痛みをなくすためにも、自慰や性行為は術後4週間は控えることが重要です。

せっかくぺニス増大の治療を受けたのですから、安全かつ確実に理想的な仕上がりにするためにも痛みが伴う原因となる術後の対処は守るようしましょう。

まとめ

ぺニス増大の治療は、亀頭や陰茎部に直接注入材を入れることによって元の状態よりも確実にサイズアップを目指すことが出来ます。治療は麻酔処置をするので痛みはありませんし、最短で10分ほどで完了するので誰でも気軽に治療を受けることが出来るメリットがあります。ただ治療後は患部への負担を減らすためにも、自慰や性行為は約4週間ほど控えることが、痛みや炎症などを引き起こさない対策として重要です。
シャワーや入浴も決められた日から入るようにしましょう。